FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android開発環境構築

←Android関連書籍を探す。

Eclipseの準備が終わったら、いよいよAndroidの開発環境の準備です。
いよいよAndroid開発の入門編といった感じです。わたしもアプリ開発は初心者です。

1.まずは、Android Developer Toolsのインストールを行います。
Eclipse上の「ヘルプ」から「新規ソフトウェアのインストール」を選択します。
20130301-05.png

次に、「作業対象」にhttp://dl-ssl.google.com/android/eclipse/と入力し、「Enter」キーをクリックします。
少し待つと、名前のところにリストが表示されるので、
「開発ツール」にチェックをつけて、「次へ」をクリックします。
20130301-06.png

その後は、「次へ」をクリックし、「使用条件の条項に同意します。」を選択し、
「完了」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。
※途中のセキュリティ警告は無視します。

最後に、Eclipseの再起動メッセージが表示されるので、「はい」を選択します。
20130301-07.png

これで、Android Developer Toolsのインストールは終了です。

2.次に、Android SDKをインストールします。
上記で、Eclipseが再起動されると、Android SDKのロケーションが設定されていないという、
警告メッセージが表示されるので、とりあえず、「閉じる」ボタンを押します。
20130301-08.png

下記サイトより、Android SDKをダウンロードします。
Android SDK ダウンロード
※上記のサイトから下記ボタンをクリックし、Android SDKをダウンロードします。
20130301-04.png

ダウンロードしたファイルを解凍します。(場所はどこでも問題ありません。わたしはDドライブ直下に配置)
解凍したフォルダを「ターゲット・ロケーション」に記載し、「完了」ボタンをクリックします。
20130301-09.png

次に、インストールするパッケージの選択にて、Accept Licenseにチェックをつけて、
「インストール」ボタンをクリックします。
20130301-10.png

※本来は、ここで終わりなのですが、何故かAndoroid SDK Managerが表示されないので...
「ウインドウ」→「パースペクティブのカスタマイズ」を選択し、
「コマンド・グループ可用性」タブにて、「Andoroid SDK および AVD マネージャー」にチェックをつけ、
「OK」ボタンをクリックします。
20130301-11.png
これで、Android SDKのインストールは終了です。

3.次に、エミュレータを作成します。
「ウインドウ」→「Android 仮想デバイス・マネージャー」を選択し、「新規」ボタンをクリックします。
20130301-12.png

下記画面の必要項目を入力し、「OK」ボタンを押します。(入力する項目は適当で問題ないです。)
※この時、「OK」ボタンが活性化しない現象が発生します。その場合は、Eclipseを終了し、
 eclipse.exe -clean.cmdをダブルクリックして、Eclipseを起動させると直ります。
20130301-13.png

Android 仮想デバイス・マネジャーにて上記で作成した仮想デバイスを選択し、
「開始」ボタンをクリックすると下記のエミュレーターが起動します。
20130301-14.png

これで、Androidの開発環境の準備は完了です。

次は、おなじみHelloWorldです。
HelloWorldの作成へ

























人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking BS blog Ranking
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
PR





最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
logo_shop2.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。